集中化IPスイッチング

多くの書籍や電子メディアが、放送局スタジオやIPTVヘッドエンドなどの最新のメディア制作施設のための全IPインフラの利点を称賛しています。メディアリンクスは、世界のお客様向けに完全なIPベースのスタジオシステムを導入した世界的企業のひとつです。ビデオ、オーディオ、さらにはデータを共通のプラットフォーム上で統合することで、初期投資と継続的なコスト低減を実現します。

IPベースシステムの主な利点は、散在するいくつもの信号フォーマットを包括することです。配信用IPスイッチ機器ではキロビットスピードの低速なデータ信号から複数のギガビットスピードを必要とする非圧縮映像までをシームレスに伝送できます。

メディア制作の現場では、様々な圧縮あるいは非圧縮映像を切替えるために、通常必要となる複合信号ルーティングシステムを購入、管理・保守を行う必要がないというメリットを享受できます。統合化されたIP基幹ネットワークは、システムの自由度を劇的に向上させ、新たなアプリケーション、伝送帯域および信号フォーマットに対して、わずかなインタフェースカードをスイッチングプラットフォームに追加するだけで実現できます。

メディアリンクスは、統合化されたIPスイッチインフラにおいて、映像ストリームやファイルデータなどを同時に処理する最適な手段を提供します。

集中化IPスイッチング

メディアリンクスソリューション概要

  • 統合化されたIPスイッチインフラにおいて、映像ストリームやファイルデータなどを同時に処理する最適な手段を提供します。
  • メディアリンクス IPルータ・スイッチソリューションは、従来のベースバンドビデオインフラに合せた、細かいレベルでのストリーム切替えを提供します
  • システム内の各信号はまったく独自にルーティングすることが可能で、スイッチファブリックを経由して「いつでもどことでも」の接続をマルチキャスト制御環境で実現します。
  • 切替容量は信号の数ではなく帯域幅のみに制限されます。
  • 全構成のメディアリンクスシステムは、現状のクロスポイントビデオルータの最大容量をも上回る大容量の信号を制御・切替えることが可能です。

IPネットワークを経由したメディア伝送ソリューションを提供するMD8000シリーズは、4K、3G / HD / SD-SDIおよびDVB-ASI などの各種映像信号を、IPネットワークを通じて伝送するメディアリンクスの主力製品です。MD8000ソリューションは、従来の映像伝送サービスに代わって、放送事業者、通信事業者、ネットワークプロバイダにコスト効率に優れた方法を提供します。 MD8000シリーズは、放送事業者や通信事業者が長距離、多重波長伝送用に用意した既存IPネットワークに直接接続することが可能であり、大幅なコスト削減をもたらします。