FE-4S 4ポート10/100BASE-Tファストイーサネットモジュール
FE-4S_frontpanel_LED
FE-4S_rear

FE-4Sモジュールは、MD8000ネットワークを介して最大4つの10/100 BASE-Tファストイーサネットチャネルを伝送します。 これら4つのチャネルはすべて独立した双方向のワイヤスピードで動作し、個々のポートはそれぞれデータが分離されています。

他のMD8000ラインカードと同様に、このカードに送信されるデータトラフィックはイーサネットフレームにカプセル化され、MD8000スイッチコントローラ(SW-CNT)モジュールに転送されます。 受信した逆方向のデータトラフィックは、SW-CNTによって転送され、FE-4Sモジュールで受信後、1〜4の10/100 BaseT出力信号として送出されます。 伝送信号の復元性と信頼性を向上させるために、前方エラー訂正(FEC)と無瞬断切替えをホンモジュールでも使用できます。

4つの各ポートは、全二重および自動ネゴシエーションをサポートしています。 個々のポートの帯域幅は、1Mbps、2.5Mbps、5Mbps、10Mbps、20Mbps、30Mbps、40Mbps、50Mbps、75Mbpsあるいは100Mbpsの転送速度の中から選択できます。 本モジュールの前面パネルには、入出力チャネルのステータスと動作状態を監視するための包括的なLEDがあります。 SNMPを使用することで、このモジュールは当社NMSシステムによって完全に管理することもできます。

FE-4S 4ポート10/100BASE-Tファストイーサネットモジュール特長

  • 4個の独立イーサネット接続
  • UTP CAT5インタフェース
  • 自動速度調整

FE-4S 4ポート10/100BASE-Tファストイーサネットモジュール機能

  • 10/100 BASE-T外部接続
  • 電気インタフェース:RJ-45コネクタ
  • FEC付きトランスペアレント転送
  • 無瞬断切替え

FE-4S 4ポート10/100BASE-Tファストイーサネットモジュールアプリケーション

  • LAN拡張
  • WANアクセス
  • ネットワーク管理・テレメトリ
  • ファイル転送