メディアリンクスMDP3040は、高性能でありながら可搬性や価格面に優れており、エッジ市場の先駆けとなる2チャネル4K UHD放送用エンコーダ/デコーダです。

4K Contribution WAN or Local Point-to-Point
4K UHD to 3G SDI Conversion Using TICO

キー・ファクト

  • 小型軽量 – 小さな設置面積
  • 12G-SDIおよびHDMI出力インタフェース
  • 大容量10Gトランク・インタフェース
  • 12G SDI入出力用リア・マイクロBNCモジュール
  • ID/カラー・バー発生器内蔵

MDP3040は、高効率なTICO圧縮を使用して、12G-SDIビデオ入力信号を3G-SDIストリームとしてIPカプセル化し、WANやスタジオLAN経由で遠隔地に伝送、そこでデコードすることができます。

視覚的にロスのないビデオ品質と低遅延とにより、要求の厳しい放送アプリケーションに最も適しています。すべてのメディアリンクス製品と等しく、本ユニットは二重10 Gbpsトランクをはじめフォワード・エラー・コレクションや二重化電源等の高い信頼性を備え、強力なヒットレス保護機能を提供します。

MDP3040は、12G-SDIフィードをTICO圧縮により3G-SDI出力に変換可能で、SDIベースバンド・スタジオ・ネットワーク上で、高帯域4K信号を伝送するのに最適です。

このユニットの特長である小型フォーム・ファクタと携帯性は、小規模な会場や短期イベント、さらにOBトラックや放送スタジオといったスペースの限られた場所での利用にも十分に対応します

MDPシリーズ機器用の1RU冗長電源を最大8台まで利用できます。 詳細については、データシートをダウンロードしてください。

MDP3040の特長

  • 2本の12G SDI入出力ポート
  • 3Gbpsでのビジュアリ・ロスレスTICOビデオ圧縮
  • フレーム同期(Genlock)
  • MDX & MD8000スイッチと互換
  • オーディオ・パス・スルーおよびアンシラリ・データ
  • 外部同期タイミング:BB、3値同期
  • 低遅延
  • TICO圧縮によるSDIエンコード出力
  • 二重10Gトランク・インタフェース
  • QoSによるトラフィックの優先順位付け
  • 冗長化電源対応
  • サポート:
  • 2本の4K UHDビデオ入力あるいは出力サービス
  • SMPTE 2022-7によるヒットレス・ビデオ
  • FEC: フォワード・エラー・コレクション
  • SMPTE 2022-5サポート
  • RTPカプセル化, SMPTE 2022-6

MDP3040技術詳細

ビデオ

  • 2本の12G SDI 4K入力あるいは出力、自動検出
  • TICO 4:1ビジュアリ・ロスレス、2160p59/2160p50, 4:2:2, 20ビット
  • フレーム同期
  • カラー・バー発生器内蔵

オーディオ

  • 最大16チャネルのオーディオ・パス・スルー
  • オーディオ・テスト信号発生器内蔵(1kHz)
  • アンシラリ・データ・パス・スルー

トランスポート

  • IPトランスポートでのTICO伝送、SMPTE RDD35
  • SMPTE 2022-6 RTPカプセル化、透過モード
  • SMPTE 2022-5送出(FEC付)
  • 固定伝送速度(CBR)
  • データ転送は非サポート

MD3040アプリケーション

  • ローカル・アクセスでの4kポイント・ツー・ポイント伝送
  • 素材伝送品質の放送用フィード
  • ネットワーク利用におけるポータブルで低価格エッジ・デバイス
  • SDIベースバンド伝送下での4K UHDから3G SDI変換
  • トランクとバックボーン間の帯域変換