IP化への移行~株式会社メディアリンクス、ジョン・デイル氏に聞く

Broadcast Bridgeに掲載されたオリジナル記事を許諾を得て翻訳しました。 コンテンツの制作、伝送の両方において、IPを利用することは、デジタル化の最終地点といっても過言ではなく、より優れ、安く、速く、そして自由度があると、私たちは、聞かされてきました。最終的にはそうなのかもしれませんが、そこに到達するまでに、いくつかのチャレンジが残されています. 今年のNABショーにおいても、引き続き、設備や伝送システムのIPへの移行が重要なテーマでした。何百もの会社が各自の専門分野におけるIP機材、ソリューションを大々的にアピールしました。 それでは、IP化に移行する際に、何が鍵になるのでしょうか? 例えば、既存のものを一度取り壊し、新たに築き上げるようなフォークリフト型アップグレードになるのか、それとも何もないような状態からスタートするグリーンフィールド型なるのか? そして、現在私たちが所有する既存の機材を新たなIPインフラに移行して使えるのか? という疑問があります。 IPソリューションは、他のソリューションとどのように差別化できるのでしょうか? あるベンダーのIPスイッチは、他のベンダーのIPスイッチと同じなのでしょうか? どのような機能を我々が探すべきなのでしょうか? そして、最近、COTS (Commercial -Off-The-Shelf)機材を使用した多数のソリューション提案がありますが、果たしてこれらは、実際良い提案なのでしょうか?それとも悪い提案なのでしょうか? The Broadcast Bridgeでは、IPソリューションへの移行に関する重要な事柄を読者の皆さんにより良く理解していただくために、メディアリンクスの新しいCEOであるジョン・デイル氏に、IPネットワークインフラへの移行に関してインタビューしました。 メディアリンクスは、IP伝送及びインターフェイス技術にかんするいろいろな情報をお持ちで、所有されている設備すべてをIP化にする計画している皆さんにとって、ジョン・デイル氏による業界展望は、とても役立つものと考えています。 The Broadcast Bridge:まず、IP中心の伝送ソリューションに移行しようとしている技術マネージャーの皆さんが直面する基本的な問題とは何でしょうか? ジョン・デイル: 伝送ネットワークにアクセスするにあたり、現在のベースバンドSDIインターフェイスに依存する方法はすでに時代遅れです。ビデオプロダクション、プレイアウト、伝送のIP中心のソリューションへの移行は加速しています。例えば、新しい中継車の多くは、既にIP化しています。プロダクションセンターは、IPドメイン内にて作動し、標準規格に基づくIP信号を簡単に出力することができるのです。 ベルギーの放送事業者VRTとEBUは“VRTサンドボックス”というR&Dテストラボを局内に作り、IPを使用したデモンストレーションを行いましたが、ここでの相互運用性テストは、すでに適用可能な標準規格を用いてのIPベースの音声とビデオプロダクションの運用フローが、同等のSDIベースインフラよりも効率が良い、ということを証明することが目的でした。 ここでは、現時点でのライブIPプロダクションの費用は、同等のSDIプラントを構築するよりおよそ7%高いことが判明しましたが、これはIPとSDIが混在した機材によるものです。ただ、長期的には、追加費用を上まわるメリットがありますし、IPがソリューションの主流になるにつれ、追加費用自体が確実に少なくなることでしょう。 しかし、すべての方がベルギーの放送事業者のような“サンドボックス”を作り、新しいテクノロジーを試すことはできません。また、簡単にすべてのものを捨てるわけもいきません。ですから、技術者、マネージャーの皆さんは、新しいソリューションを導入する間に、既存の機材を寿命まで並行して使用できるようなスムースな移行プランが必要としています。 The Broadcast Bridge:何社かのベンダーのソリューションは、すべてを一から立ち上げるグリーンフィールド型に向いているように見えます。しかし、ほとんどの施設にはこのような選択肢がありません。フォークリフト型アップグレードを行わずにIPに移行することができるのでしょうか? ジョン・デイル: グリーンフィールド型での移行が理想ではありますが、必ずしも要求されるものではありません。スムースな移行には、SDIとIPのハイブリットオペレーションを可能とするゲートウエイとIPバックボーンの柔軟性(多くの場合、低価格)を活用することが鍵になると思います。 SDIからIPの移行を3つの重複するコンポーネントに分割することができます。 まずは、既存伝送のSONET/SDHコネクションからIPベースのコネクションに移行することです。次に、SDIとIPメディアの両方を受け入れ、処理が可能な柔軟なゲートウエイを使うことです。最後に、既存のIPルータとスイッチからSDN(Software Defined Networking)またはフローベースのテクノロジーに移行することです。 The Broadcast Bridge:メディアの伝送については、何をソリューションに盛り込むことが必要ですか? 技術マネージャーの皆さんは4K/UHD, HDR, HFR,OTTのような多様性のあるフォーマットに対し、どのように計画を立てれば良いのでしょうか? ジョン・デイル: 汎用性の高い伝送ネットワークソリューションは、複数のタイプのインターフェイスと機能をサポートする必要があり、圧縮、非圧縮両方のメディアを含む、SDからUHDまでのベースバンドビデオとオーディオシグナルをサポートすべきです。 また、これらのシグナルのIP/RTPバージョンも扱える能力を持たねばならず、最終的には、そのプラットフォームはメディアコンバーター、場合によっては、IPカプセル化のコンバーターとして動作し、複数のシグナルタイプ間での変換をサポートする必要があります。 そこで、ソリューションは、固定した形態というよりも、将来のニーズの変化に応じてアップデートできるように仮想化できることが必要だと思います。 また、管理された帯域保証型サービスのことを忘れてはいけません。今日では、かなり多くの付加的なメディアコンテンツのファイルとその他のデータが、プロダクションの一部として必要で、リアルタイムのビデオまたオーディオと一緒に扱われています。お客様からは、私たちがサポートする様々な放送用ビデオ、オーディオフォーマット、画質、圧縮方法だけでなく、データ伝送の必要性が常に増加しているというご意見をいつもいただいています。 IPへの移行に関するメディアリンクスが持っている様々な情報やソリューションをご紹介したホワイトペーパー“Media Network Migration to IP-Based Transport”をご用意しております。こちらからダウンロード頂けます。 The Broadcast Bridge:今年のNABショーでは、たくさんの会社が独自のIPソリューションを紹介しており、その多くがCOTSルーターとスイッチをベースにしたものでした。これらCOTSルーター、スイッチャーは、高帯域信号の伝送を扱うのに信頼性があるものなのでしょうか? また、COTSプラットフォームは、どれも同じなのでしょうか? ジョン・デイル: これはユーザーにとって、実に紛らわしい分野です。COTSルーターとスイッチャーをメディア用に使用することは可能ですが、いくつかのとても重要な検討すべき事柄があります。それは、各CTOSルーター、スイッチは、特定あるいは複数のアプリケーション向けにデザインされていますが、一般的には、これらアプリケーションはITベースであり、メディア用ではないからです。 また、これらアプリケーションは、リアルタイムのメディアアプリケーションが必要とするフロー管理、ブロッキング、転送レート、パケットロスそしてシステムタイミングなどが、考慮されていない可能性があります。 メディアアプリケーション用に使用した場合、特別な注意や制限を考慮する必要があります。他にも、パケットロスを避けるためフロー単位のフローマネージメント、転送レートに合わせたスループットの調整、そしてパケットロスを回避する“メモリーキューマネージメント”というようなことが追加の検討事項になるでしょう。 このようにCTOSテクノロジーを使用した多くの装置は、メディアスイッチ、ルーターとしては、おそらく不十分だと思います。これらの装置は、充分に高いレベルのQoSと信頼性を維持しながら、連続するマルチギガビットストリームを適切に伝送、管理する能力を持っていないからです。 放送事業者と制作プロダクションでよく使用される高速なギガビットマルチストリームに対しては、エンタープライズ級のルーター、スイッチでさえも乗り越えなければならない課題を持っているのも事実です。 The…

Details

Media Links to Demonstrate 10Gb/s Hitless Data Transport at NAB 2017

Media Without Limits capability supports a variety of applications for IP content delivery Media Links, a Technology and Engineering Emmy® Award winner and market leader in media over IP transport solutions, has announced it will demonstrate the transport of 10Gb/s Hitless Data at NAB 2017, booth SU5021. Of particular interest to sports producers and broadcasters…

Details

John Dale III Named Chairman, CEO and President of Media Links

Media Links, a Technology and Engineering Emmy® Award winner and the market leader in media over IP transport solutions, announces the appointment of John Dale III, a longtime Media Links technologist, senior executive and board director, as its new Chairman, CEO and President, effective April 1, 2017. John succeeds Takatsugu Ono, who will retire at…

Details